CA-02

SHIB酒袋のカードケースです。ポケットはふたつ。

それぞれに、名刺サイズのカードが15枚、

合わせて30枚が入ります。

ステッチはすべて手縫いで仕上げました。

酒袋 Card Case SHIB

CA - 01 生成り Natural ・ CA - 02 えんじ Bordeaux

MATERIAL:酒袋、麻糸  Sakabukuro,Hemp

SIZE:about  W110mm x H70mm

PRICE:¥3,000(tax not included)

酒袋 Card Case SHIB

CA-01

生成り Natural

CA-02

えんじ

 Bordeaux

ABOUT

酒袋 SAKABUKURO

"SHIB"に使われている酒袋は主に清酒造りで有名な兵庫県、灘の名酒の酒蔵より出された酒袋で

す。酒袋は江戸時代に始まり20世紀初頭まで濁り酒の糀を漉すために使われていた酒造りには

欠かせない具でした作りの職人が防水性耐久性を維持して固な袋にするため

柿渋を何度もり返し塗りました生成りの綿布はそのうち黒光りした革のような風合いに

したのです。いくつかの"SHIB"には胆な"むか縫い"と呼ばれる継ぎが施されています太い

綿糸で寧に寧に継がれたものです。美しくもあります。道具として長い間、大切に扱われて

いた配が今でも伝わってくる、やさしさと力強さを備え持った力的な材です。

The cotton sack used for SHIB comes directly from the warehouse of the brewer,the

reputable sake brand coming from the city of Nada in Hyogo Japan, also a famous

area for producing refined sake. Brewers used the sack "Saka-bukuro" during the Edo-

period to filter "Nigori-sake"(unrefined sake) into "Seishu"(refined sake). This process

was used up until the early 20th century. Every summer, craftsmen repeatedly applied persimmon juice on sakabukuro to improve waterproofing and antiseptic properties.

Due to this process, the cotton fabric's appearance has changed, similar to tinged

brown leather. Patches seen in a few places are called "Mukade-nui" (centipede

stitching), stitched by thick cotton threads with care.An alluring texture of strength

and warm-heartedness, reminiscent of the long history of brewers' ceaseless precision

and diligence.

 

Use & Care

お取り扱いについて

商品の外観は一つ一つ異なります。/ 酒袋は柿渋染の素材ですので、稀に色落ちや色移りする場合があります。

革製品のお取り扱いに似て、薄い色や白物との併用はお避け下さい。/ 雨などに濡れた場合は早めに乾いた布で拭いてください。

/ 汚れは水で濡らした布を固く絞って乾拭きして下さい。

Please note that the blurring, scratches, and patches are part of the charm of these antique fabrics.

/ No two have the same exact appearance or texture. / Avoid using with white

clothes since some slight  fading may occur. / Wring a wet cloth firmly and wipe when it needs to be cleaned.